むくみについて

むくみの原因や当サロンでできることについてのご紹介します。

こんなお悩みはありませんか?

  • デスクワーク時、足が重だるく感じる
  • 仕事帰りの靴がキツい
  • 体が重くて疲れやすい
  • 介護をしているので、トイレを我慢しがち
  • 妊娠中でのむくみが辛い

一つでも当てはまることがある方もご安心下さい。

当治療室ならそのお悩みを改善できます!

むくみの原因

人体(成人)の水分量は、全体の60%と言われています。毎日、約2、5リットルの水が体に入り、呼気・汗・便・尿で出ていきます。

総量約3〜4リットルの血液は毛細血管から滲み出て近くの細胞に栄養や酸素を運びます。大部分は毛細血管に戻りますが、1/2000ほどはリンパ管に回収されます。何かしらの原因により、この働きがうまくいかず、細胞間液が全身や部分的にたまってしまうことで「むくみ」は起こります。

「むくみ」を引き起こす原因は以下のようなものがあります。

冷え

体が冷えると、血管が縮んで血行が悪くなるので、静脈での水分の回収が鈍り、老廃物を処理しきれなくなって「むくみ」を引き起こします。

 

筋肉量の少なさ

老廃物を回収する静脈・リンパ液の、流れを助ける筋肉の量が少ないと、ポンプ作用の押し出しが弱くなるので「むくみ」やすくなります。

 

女性ホルモンの作用 

生理前から月経中は、血管が拡張して尿の量が減り、普段より水分を体に貯め込もうとするので「むくみ」やすい期間になります。また、更年期には、女性ホルモンのバランスが崩れ自律神経が乱れて、血行が悪くなり「むくみ」が起こります。

 

食事 

塩分を摂り過ぎると、ナトリウム濃度を下げるために、水分を取り込もうとする(水分が排出されにくくなる)作用により、「むくみ」が起こります。塩分だけでなく、糖分も水分を溜め込む性質があるので、甘いものの摂りすぎにも気をつけたいところです。

 

注意が必要なむくみ症状 

むくみの原因は、内臓の機能に問題がある場合もありますので、以下に限らず気になる症状がある場合は特に、病院・クリニックへの早めの受診をお勧めします。

ふくらはぎの左右非対称のむくみ + 押すと凹む圧痕 + 圧痛深部静脈血栓症(DVT)の疑い
顔・瞼のむくみ + 朝方 +尿量が少ない腎性浮腫の疑い
全身のむくみ + 息切れ・呼吸困難肺血栓塞栓症の疑い
短期間での急激なむくみ + 体重増加心不全の疑い

【参考(社)日本老年医学会 高齢者災害時医療ガイドライン(2011)より】

他にも以下のようなものがあります。

短期間での急激なむくみ + 皮膚の色味が少し赤かったり真っ赤蜂窩織炎の疑い
手術療法や放射線治療による副作用のリンパ浮腫

 

ご安心ください!当院がむくみからあなたを救います!

上記、注意が必要なむくみ症状に当てはまった場合は、まず医療機関への受診をお願いします。主治医からマッサージが有効と言われましたら、今のお身体の状態を把握した上で、安心して当院での施術をお受けください。

その他、血流を改善することで解消されるむくみ症状につきましては、当治療室の得意とするところです。施術は、オイルは使用せず着衣の上から、又はタオルの上から、手技にて施術をいたします。

また、当治療室には身体を芯から温めて、代謝や内臓機能の向上が期待できる黄土よもぎ蒸しのコースもありますので、一度ご相談下さい。