マッサージに関する注意点

意外と知られていない⁉

誤ったマッサージ方法は逆効果になることをご存知でしょうか?

セルフマッサージをご自宅でされる方が多い反面、意外と方法を間違えている方が多い

美容や健康・癒やしのため、雑誌やテレビなどでマッサージの特集をよく目にします。

しかし、やり方や選ぶお店を謝ると逆効果になってしまうことをご存知ですか?

こちらのページでは、誤ったマッサージ方法やお店を選ぶポイントなどをご紹介します。

 

注意点1.     力を入れすぎない

わかります。わかります。おつらい時は、ギューーっとやりたくなってしまいますよね。私も若い時は、柱の角に背中を当てて、全体重をかけて、ギューっとしておりました。他にも、力いっぱい揉んでみたり、押してみたり…。気は済むのですが、身体の防御反応により、余計に硬くなって楽にはならないんですよね。

血流を良くして筋肉を和らげる一番の方法は、「さする」ことなのです。セルフケアとしては、「たたく」と「揉む」も控えた方が良いです。

注意点2.     体調に合わせて行う

日々のお疲れ具合や、損傷具合は違いますので、毎回同じ調子でやるのも注意が必要です。ご自分の体に目を向けていらっしゃるので、今日のご自分の体の声を聞いてみてください。

 

マッサージ店や治療院などを利用する場合は、ご自身の身体と目的にあったところを選びましょう

街を見渡すと、最近は、整体院や手頃な価格で利用できるクイックマッサージなどが多く存在していますが、ホームページをご覧の方は何を基準に選ばれていますか?

セルフマッサージと同じで、痛みを改善のため、癒やしのためにと思っていても、利用するお店を誤ることで逆効果になってしまう場合もございます。

当治療室の患者様からもたまに「この前〇〇へ行ったけど、求めていたものと違うことをされて残念だった。」「癒されたかっただけなのに、痛くされてリラックスできなかった・・・。」とご相談をいただきます。

そこで今回、疲れや痛み、冷えなど・・・悩みを解消したいと考えている方々に対し、どのような店を選べば良いのかをおまとめしてみました!

あん摩・指圧・マッサージ

症状により、保険が適応されます。(当治療室ではすべて自費治療になります)

あん摩

「あん」は「おさえること」、「摩」は「なでること」を意味し、東洋医学の「虚実(きょじつ)」という概念に応じて使いわけ、気血の流れをよくして疾病を治癒に導く施術方法です。 

指圧

古法あん摩、導引、柔道の活法を合わせた、一点圧を主体とした独特の施術方法です。

マッサージ

皮膚に直接施術し、手足の末端から心臓に向かって手技を加え、血流の改善などを目的としたものです。

当治療室では、これらの手技を組み合わせた施術をいたします。

基本的には、直接皮膚への施術はせず、タオルや衣服の上から施術をいたします。あん摩マッサージにより、東洋医学の概念である気・血・水(津)の流れの改善を促し、時には、痛みから離れたところに出ている反応点(治療ポイント)を指圧をします。

体液の循環が改善されると、様々な症状が改善されますので、痛みやしびれの他にも冷え症や、自律神経の不調の改善なども期待できるものです。

筋麻痺や関節拘縮等であって、医療上マッサージを必要とする症例については、保険適応です。あらかじめ医師の発行した同意書又は診断書があり、施術を受けたときには保険の対象となりますが、当治療室では全て自費治療となります。もし、脳梗塞後遺症等による筋麻痺や関節拘縮に対して、在宅にて医療保険を使っての訪問医療マッサージをご希望の方がいらっしゃいましたら、専門の治療院をご紹介させていただきますので、お問い合せください。

 

整骨院・接骨院

症状により、保険が適応されます。

骨折、脱臼、打撲及び捻挫(いわゆる肉ばなれを含む。)といった運動器に加わる損傷に対し、保険が適応されます。

骨、関節、軟部組織などの変化を、整復や固定などによってそれらを正しい位置に矯正するための施術を行い、回復力を早めます。

こちらも、院により力を入れている症状が変わってきます。最新の電気治療機器を導入したり、様々な整体(骨盤矯正や猫背矯正や小顔矯正、その他)を取り入れたり。最近は、保険治療から自費治療へ移行している傾向があります。施術内容も、各整骨院ごとに特色がありますので、ご自分のお辛い症状が、保険適応になるか、自費の場合はどういう内容で、どのくらいかかるかなど、各整骨院へお問合せをしてみると良いと思います。

 

整体院

すべて自費になります。施術時間は院によりまちまちです。

さまざまな療法があり、整体院ごとに施術方法や、料金体系がまったく異なりますので、自分にあった整体院をみつける楽しみがあります。

最近は、国家資格を持ちながら、整体院として開業されている先生も結構いらっしゃいます。国家資格をお持ちでなくても、知識も技術も優れている先生はたくさんおられますが、その一方、院(先生)により知識や技術力に開きがものすごくありますので、どういう手技をされて、どういう効果に期待が持てるかなどを調べて、不安な事は事前にお伝えしておくと良いと思います。

 

リラクゼーション・もみほぐし店

すべて自費になります。施術時間が選べます。

疲れたお身体を癒されたい時、リラクゼーションを目的とした場合に有効です。リラクゼーション協会に加入している店舗では、股関節周りや脇の下の施術が禁止だったり、ストレッチや牽引禁止など、治療点となる箇所や施術法に制限がありますので、お困りの症状を治療したい場合には向きません。リラックスをして日々のお疲れを癒されたいときには、オススメです。

 

※すべてに言えること

もし、不調があるときは、まずは医療機関で診察を受けていただく事をお勧めいたします。診断名がつく場合と、特に問題なしと言われる場合がありますが、ご自分の身体の状態を把握していただいた上で、治療院等にかかりたい時は担当者に、医師に診てもらった状態をお伝えください。

現在は、さまざまな情報が溢れて、いろいろな治療院、リラクゼーションサロン、整体院等がたくさんあり、その中からご自分にあったものを選ぶのは本当に難しいです。

これらの専門学校や、リラクゼーションスクールは老若男女、何歳からでも学べます。高齢で貫禄があっても新人さんの場合もあります。最終的には、よくお話をして、不安がない状態で施術を受けるのが一番だと思います。上記に挙げた内容は、ほんの一部でしかありませんが、治療院選びに役立てていただけたら幸いです。